住宅ローンが厳しい!?任意売却で新しい一歩を踏み出そう

ロゴ
>クチコミ>任意売却がおすすめ!住宅ローンを残したまま住宅を手放す方法

任意売却がおすすめ!住宅ローンを残したまま住宅を手放す方法

家族

住宅ローンが残っていても、任意売却を行えば住宅を手放すことができます。任意売却はどのタイミングでどのように行えばよいのでしょうか。経験者の声を参考にしましょう。

みんなの声

早めに決断してよかったです

家を購入した時は売ることなんて考えていませんでした。当時の仕事はかなり収入がよくて当然定年まで働けるだろうと考えていたからです。しかしそれが大きな間違いでした。家を購入してから10年ほどで大幅に給料カットされることになってしまいました。自分だけではなく全員です。会社の業績悪化のため行われた改革でした。年収が200万円程度下がるという最悪な事態です。月収はそこまで変わらなかったのですが、ボーナスが極端に減らされたという訳なのです。ボーナス払いを高い設定にしていたのでかなりきつくなりました。子供が成人したということもあり、妻と話し合って住宅ローンがまだ残っているのですが任意売却を行うことにしたのです。早めに見切りをつけたのもあって意外と高額で売ることができました。
(40代|男性)

丁寧に対応してもらえて本当に助かりました

住宅ローンが残っているうちは売却することはできないだろうと勝手に認識していたのですが、支払いがどうしても厳しくなって業者に相談したら住宅ローンが残っていたとしても任意売却することが出来るということを教えて頂きました。購入したときよりも土地の価値が上がっているので今のタイミングで売ったら結構高額になるかもしれないということも言われて売却を決意しました。確かに今考えるとすごく立地の良い場所なのですが、当時はそこまで利便性が良くない場所ではありませんでした。時代の流れが味方してくれたのかもしれません。築25年は経過していたのですが、購入価格に近い金額で買い手が見つかりました。業者の担当者には丁寧に対応してもらえて本当に助かりました。
(50代|男性)